掲載日: 文章:Clipee運営局

広島・ブレイシアがブルペン入り 「マウンド、ボールの違いに対応していきたい」

広島の新外国人投手であるブレイシアが来日以来初めてのブルペン投球を行った。

ブレイシアはストレートにスライダー、チェンジアップの変化球も交え27球を投じ感触を確かめた。「ストライクを投げることを意識して投げることができ最終的には良かった。マウンド、ボールの違いはあっても野球ということは同じ。対応していきたい」と語り日本式のマウンド、ボールに対応する心構えを語ってくれた。

広島は昨シーズンの沢村賞投手ジョンソン、中継ぎの柱ジャクソン、先発、中継ぎ両方こなせるヘーゲンズと3人の外国人投手が揃って残留。ブレイシアはチーム内の競争に勝たなければならない。一軍デビューに向けてまずは首脳陣にアピールする。

広島・小窪選手会長が挨拶「日本一に向かっていくぞ!」

新着記事