掲載日: 文章:Clipee運営局

ヤクルト・久古が肉離れで離脱 開幕に黄信号

ヤクルトの中継ぎ左腕・久古健太郎がキャンプ2日めにして肉離れでリタイアとなった。ヤクルトにおいての離脱第一号だ。

久古は2015年シーズンに左の切り札として活躍。38試合の登板で防御率2.55の成績を残し優勝に貢献。試合終盤の対左打者封じとして機能していた。しかし、昨シーズンは39試合に登板し防御率4.44の成績と今一つ。今シーズンは復活をかけたシーズンだった。

ヤクルト左の中継ぎは中澤雅人、岩橋慶侍、竹下慎吾そして新人の中尾輝らが控えており競争は激しい。久古の症状は明らかになっていないが開幕一軍に黄色信号が灯ってしまった。

早期復帰を果たし中継ぎを支えてくれることを期待したい。

ヤクルト・ドラ1寺島がキャンプイン ブルペン入りは第2クールから

新着記事