掲載日: 文章:Clipee運営局

日本ハム・斎藤佑樹がブルペン入り 状態良く51球の投げ込み

日本ハムの斎藤佑樹がアリゾナキャンプで初めてのブルペン入り。

捕手を座らせた状態でストレート、カットボール、カーブ、スライダー、フォークなどを合計51球投げ込んだ。斎藤佑は「去年と比べて状態はいい。コンディションは100%に近い。いい感じでスタートできています」と手応えを感じたようだ。

栗山英樹監督も投球を視察しており良いアピールになったに違いない。斎藤佑は今シーズンから背番号が「18」から「1」に変わり気持ちを新たに臨む一年となる。ここ数年、結果を残すことができていないが心機一転、再起の一年にしたいところだ。2年ぶりの一軍勝利を目指していく。

日本ハム移転問題・札幌ドーム近くに候補地

こちらの記事も読まれています

新着記事