掲載日: 文章:Clipee運営局

ヤクルト・小川がクイック猛特訓 「球の勢い、強さを出すこと」

ヤクルトの小川泰弘が今キャンプで2度目のブルペン入りを果たした。

捕手を座らせた状態で約60球を投げ込んだ。その間はクイックモーションで投げており課題克服への強い意識付けを行ったようだ。小川は「意識付け。日によって入れていく。クイックでフォームが小さくならず球の勢い、強さを出すこと」と語った。

昨シーズンは3年連続で開幕投手に選ばれたもののシーズンを通して二桁勝利できず、規定到達者の中で防御率もワーストと期待に答えられなかった。真中満監督も開幕投手は宣言しておらず他投手との闘いとなる。

今シーズンはエース復権へまずはクイックモーションをしっかりとモノにする。

ヤクルト・バレンティンが柵越え連発!「ヨユウ!」

新着記事