掲載日: 文章:Clipee運営局

【侍ジャパン】ソフトバンク・武田が大谷代役に名乗り 「前から出たいと言っている」

ソフトバンクの武田翔太がWBC侍ジャパン日本代表を辞退した大谷翔平(日本ハム)の代役に名乗りを上げた。

3日、武田はブルペンで52球を投げ仕上がりは順調だ。工藤公康監督は「招集の連絡はまだない」と話しいるが招集が来た際は派遣を容認する方向だ。

大谷の代役に関して小久保裕紀日本代表監督は「先発投手」と明言しており武田の可能性も十二分にある。メンバー発表後もWBC球での練習を行っていた武田は「自分は前から出たいと言っている」と話し招集がかかればもちろん参加するつもりだ。

小久保監督は就任後の代表戦で5試合に武田を先発起用しており信頼度は高い。2月7日の選手選考期限までに誰を選ぶだろうか。その選考に注目したい。

【侍ジャパン】日本ハム・大谷が会見「申し訳ない」

キーワード

こちらの記事も読まれています

新着記事