掲載日: 文章:Clipee運営局

楽天・松井裕樹がツーシームを披露「左打者の内側へ幅を広げたい」

3日、楽天の松井裕樹が今キャンプ2度目のブルペン入り。

54球を投じ仕上がりの良さをアピールした。今シーズンは開幕前に初出場となるWBCがあり調整が難しいとされていたが21歳の若武者には関係なかったようだ。

今シーズンからツーシームの習得を志している松井祐だがこの日はプレートの位置をずらして試投。左打者の内側に曲がる変化球を覚えれば投球の幅が広がってくる。

松井裕は「左打者の内側に使いたい。そのためにはツーシームがベストだと思った。WBC球で上手くいけば日本の公式球でも使えると思う」とWBC球で手応えをつかみシーズンでも使う意向を示している。

このツーシームはオフにチームの大先輩である田中将大(ヤンキース)から教わったものだ。メジャーリーガー直伝のツーシームでチームを勝利に導いていく。

楽天・オコエは開幕絶望!右手薬指手術で復帰まで2,3ヶ月

こちらの記事も読まれています

新着記事