掲載日: 文章:Clipee運営局

ヤクルト・星が初ブルペン 真中監督「うちで一番速い」

6日、ヤクルトのドラフト2位ルーキー星知弥が今キャンプで初めてのブルペン投球を行った。

捕手は立たせたまま30球全てストレートを投げ込んだ星。「緊張しました。フォームや球の質を確認できた。70点位ですかね」とまずまずの評価。真中満監督は「うちの投手陣の中でストレートは一番速い。8回、9回を投げてくれたらいいね」とセットアッパー、クローザーとしての起用も示唆した。

星は明治大学4年時は先発として登板していたが、高校時代、下級生時に中継ぎの経験もある。これに対し「優勝を決める時にマウンドにいることができる抑えは魅力的」と語りまんざらでもないようだ。

今シーズンのヤクルトは新人がクローザーを務めることになるかもしれない。

ヤクルト・寺島が初ブルペン 捕手を立たせて30球

新着記事