掲載日: 文章:Clipee運営局

広島・加藤がフリー打撃登板 38球で安打性は0

広島のドラフト1位加藤拓也がフリー打撃に初登板した。

鈴木誠也、田中広輔、菊池涼介の日本代表トリオに対して38球を投じ安打性の当たりは0。ストレート、スライダーフォークの3球種で完全に封じ込めた形となった。加藤は「打者の反応を見れたのが良かった。自分のタイミングで投げることができたときにいい投球ができる」とコメントした。

制球に課題を残したものの強力打者陣を抑えたのは自身になったに違いない。加藤は開幕一軍、ローテーション入りへ力強い一歩目を踏み出したといえそうだ。

同期入団の床田寛樹も連日ブルペンに入っており新人選手たちがアピールを繰り広げている。。黒田博樹の抜けた穴はもしかしたら大卒新人たちで埋まるのかもしれない。

広島・赤松がブログ更新 「体を動かしてます」

新着記事