掲載日: 文章:Clipee運営局

打ってよし、守ってよしの万能捕手ヤディアー・モリーナ【海の向こうの凄いやつ】

メジャーリーグで最強捕手の一人にあげられることもあるヤディアー・モリーナ。モリーナの兄2人は共にメジャーリーガーとなっており3兄弟揃って捕手であることはよく知られている。また、プエルトリコ代表として2013年のWBCにも出場。日本の重盗失敗時に落ち着いて処理をしたあの捕手である。

名前:ヤディアー・モリーナ(Yadier Molina)
国籍:プエルトリコ
生年月日:1982年7月13日
守備:捕手
投打:右投右打
所属:カージナルス
年俸:1,400万ドル(2017年)
2016年成績:147試合/打率.307/8本/58打点
通算成績:1611試合/打率.285/108本/703打点
※2016年終了時点

2000年のドラフトでセントルイス・カージナルスから4巡目(全体113番目)で指名され入団したモリーナは2004年にメジャーデビュー。翌2005年からカージナルスの正捕手に君臨。当時22歳だった。それ以降、昨シーズンまでレギュラーを明け渡すことなくチームを引っ張り2006年、2011年と2度のワールドシリーズ制覇に貢献している。

モリーナは2008年から2015年まで8年連続でゴールデングラブ賞を獲得。また、通算打率も.285と優秀でまさに打ってよし守ってよしの万能捕手だ。

2017年が34歳のシーズンとなり自身の成績だけでなく、後進の育成にも期待がかかる。

新着記事