掲載日: 文章:Clipee運営局

プエルトリコの最強スイッチヒッター・カルロス・ベルトラン【海の向こうの凄いやつ】

第1回WBCから4大会連続でプエルトリコ代表に選ばれたカルロス・ベルトラン(アストロズ)。強打のスイッチヒッターとしてベテランらしい活躍が期待されている。

名前:カルロス・ベルトラン(Carlos Beltran)
国籍:プエルトリコ
生年月日:1977年4月24日
守備:外野手
投打:右投両打
所属:ロイヤルズ→アストロズ→メッツ→ジャイアンツ→カージナルス→ヤンキース→レンジャーズ→アストロズ
年俸:1,600万ドル(2017年)
2016年成績:151試合/打率.295/29本/93打点
通算成績:2457試合/打率.281/421本/1536打点
※2016年終了時点

1995年のドラフトでロイヤルズから2巡目(全体49位)で指名されたベルトランは1998年にメジャーデビュー。1999年からレギュラーとして試合に出場し156試合、打率.293、22本塁打、108打点の成績で新人王を獲得。ファイブツールプレーヤーの評価を得て2001年から2004年まで4年連続100打点以上を記録するなど強打者に成長した。

アストロズ、メッツ、ジャイアンツと渡り歩き2012年にカージナルスへ移籍。すでに35歳となていたが強打は健在。2012年、2013年で32本塁打、24本塁打を放つ活躍を見せた。2013年には自身初となるワールドシリーズに進出したがレッドソックスに敗れリング獲得はならなかった。

昨シーズンはトレードデッドライン間際にヤンキースからレンジャーズへ移籍。今シーズンはアストロズと契約したため青木宣親とチームメートとなった。

新着記事