掲載日: 文章:Clipee運営局

DeNA・平良が145球投げ込み「肩は大丈夫」

8日、DeNAの平良拳太郎がブルペン入りし、今キャンプ最多の145球を投げ込んだ。

平良は6日のフリー打撃に登板した際に山下幸輝と対戦し、打球が右肩の後ろを直撃して降板していた。
大事をとって7日はノースロー調整としていたが、この日は「大丈夫だったら多めに投げようと思っていた」と言い、影響を感じさせなかった。

昨シーズンまでDeNAに在籍し、FA権を行使して巨人へと移籍した山口俊の人的補償でDeNA入りした平良は、新天地では先発ローテーションの候補として期待されている。

沖縄県立北山高からプロ入りして3年目の昨シーズン一軍デビューを果たし、今シーズンの飛躍を狙う変則右腕は、順調な仕上がりに笑顔を見せていた。

DeNA・細川が一軍練習で怪力アピール ラミレス監督「中田翔のよう」

新着記事