WBC初出場コロンビアのカギを握る”フリオ・テヘラン”【海の向こうの凄いやつ】

  • 掲載日:
  • 文章:Clipee運営局

WBC初出場となるコロンビア代表の先発投手として期待されるのがフリオ・テヘラン(ブレーブス)だ。ホセ・キンターナ(ホワイトソックス)と共にコロンビア投手陣を支えることが期待されている。

名前:フリオ・テヘラン(Julio Teheran)
国籍:コロンビア
生年月日:1991年1月27日
守備:投手
投打:右投右打
所属:ブレーブス
年俸:630万ドル
2016年成績:30試合/7勝10敗/188回/奪三振167/与四球41/防御率3.21
通算成績:133試合/47勝40敗/821.1回/奪三振709/与四球219/防御率3.39
※2016年終了時点

2007年にブレーブスと契約し2011年にメジャーデビューを果たしたテヘラン。しかし、順風満帆とはいかず2012年はほぼ1年間、マイナーでの投球となりメジャーではわずか2試合のみの登板となった。

翌2013年は開幕からローテーションに入り年間を通じて活躍。30試合に登板し5回未満での降板はなく先発全試合を作り14勝、防御率3.20と飛躍の年となった。以降、毎シーズン180回以上を投げ先発ローテーションに定着。ブレーブス先発陣の柱へと成長した。昨シーズンは防御率3.21ながら7勝10敗と負け越し、援護に恵まれなかった。

今シーズンは2年ぶりの二桁勝利を目指す。

こちらの記事に関連するタグ

Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

ナショナル・リーグに関する記事

お勧め記事

新着記事