掲載日: 文章:Clipee運営局

阪神・大山は初の紅白戦で無安打「ミスショット」

8日、阪神の大山悠輔が初の紅白戦に5番三塁で出場。3打数無安打と快音は聞こえなかった。

注目の初打席は横山雄哉との対戦し三塁ゴロに終わった。4回の第二打席はWBC日本代表にも選出されている藤浪晋太郎と注目の対決。初球を叩き二塁フライとなった。大山は「初球は甘い球が来ると思ったので振りに行ったけど捉えきれなかった。ミスショット」とコメントした。

続く三打席目も岩崎優の前に凡退。この結果に金本知憲監督は「ルーキーだからこんなもんでしょう」と語り、片岡篤史打撃コーチも「プロのスピードにこれから慣れてくれれば」と話している。

ドラフト1位の大砲候補にとって悔しい結果となったが本人は悲観していない。「結果よりも自分のスイングをしていきたい」とコメントし次につなげていくつもりだ。

阪神・キャンベルが柵越え連発!13アーチを披露

新着記事