ヤクルト・オーレンドルフが合流 「日本でやりたかっった」

  • 掲載日:
  • 文章:Clipee運営局
  • 写真:Gettyimages

9日、ヤクルトの新外国人選手ロス・オーレンドルフが合流し入団会見を行った。

オーレンドルフは夫人の出産の関係で来日が遅れていたが8日に来日。9日の入団会見後から練習に加わっていく。

会見では「若い頃から日本でプレーしたかった。ヤクルトに誘われていい機会だと思った。ユニフォームを着ることができて嬉しい」とコメント。日本でプレーしたかった思いを語ってくれた。

メジャーでは中継ぎを中心に起用されていたが、ヤクルトでは先発ローテーション入りを期待されている。外国人投手はブキャナン、ルーキ、ギルメットとオーレンドルフ含めて4人をりまずは外国人枠争いが待っている。来日は遅れたが開幕に遅れるつもりはない。オーレンドルフにメジャーリーガーの投球を期待したい。

ロス_オーレンドルフ
Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

セ・リーグに関する記事

お勧め記事

新着記事