盛岡大付属が誇る右の本格派”平松竜也”【Players report】

  • 掲載日:
  • 文章:Clipee運営局

2014年ソフトバンクのドラフト1位である松本裕樹と同じ経歴で甲子園に出場する選手がいる。横浜瀬谷ボーイズから盛岡大付属へと進みエースナンバーを背負った平松竜也だ。

氏名:平松竜也(ひらまつりゅうや)
守備:投手
投打:右投右打
所属:盛岡大付属高校
出身:横浜瀬谷ボーイズ

神奈川県の名門ボーイズである横浜瀬谷ボーイズ出身の平松。当時は主に外野手としてのプレーが中心だった。投手経験はほぼないが成長速度は早かった。高校はボーイズの先輩である松本裕樹(ソフトバンク)と同じく盛岡大付属高校に進学。

エースは瀬谷ボーイズ時代のチームメートでもある三浦瑞樹がエースとして活躍していたが、2年秋の東北大会から平松が背番号「1」を背負う。秋の公式戦では9試合に登板し36.1回を投げ32奪三振、防御率1.73と好成績。最速144キロのストレートとスライダーで三振を奪う本格派。

東北大会では平松、三浦の継投で決勝まで勝ち進んできた。昨年の甲子園で春夏ともにベスト4へと進出した秀岳館を思わせる継投策だ。春の選抜では三浦、平松どちらが背番号「1」を背負うかはわからないが2枚看板で甲子園制覇を目指す。その先には先輩松本と同じくプロ野球選手への道がひらけてくるはずだ。

こちらの記事に関連するタグ

Playersreport
Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

に関する記事

お勧め記事

新着記事