掲載日: 文章:Clipee運営局

ソフトバンク・田中正義がフリー打撃に登板 制球面に課題

9日、ソフトバンクの田中正義がフリー打撃に初登板した。

上林誠知、塚田正義相手に40球を投げ安打性は4本と仕上がりは順調なようだ。この日の田中は変化球を使わずストレートのみで2人に挑み、それぞれのバットを折るなど圧巻のデビュー登板となった。

しかし、塚田に対し死球を与えるなど制球面では課題を残している。右打者への制球に不安が残るようで「右相手に投げにくかった。次は試合形式でしっかりと投げられるようにしたい」と口にした。

フリー打撃登板後はブルペンで調整を行い、フォームの修正点などを確認したようだ。今後、田中は実戦登板を増やしアピールを続けていく。

ストレートのみで抑えることのできるドラフト1位右腕。変化球解禁が今から楽しみだ。

ソフトバンク・田中ゴルフは苦手!? 小さいボールに悪戦苦闘

こちらの記事も読まれています

新着記事