高岡商業の背番号「10」189センチの長身右腕・”伏見拓真”【Players report】

  • 掲載日:
  • 文章:Clipee運営局

昨年の春夏甲子園でベスト4に進んだ秀岳館高校(熊本県)にならい、複数名のエース級投手を揃えるチームが増えてきた。北信越の雄・高岡商業もその一校だ。その、高岡商で背番号「10」ながらエース級の働きをするのが伏見拓真だ。

氏名:伏見拓真(ふしみたくま)
守備:投手
投打:右投右打
所属:高岡商業高校
出身:南星中学

春のセンバツ出場を決めた高岡商業の2枚看板の一角である伏見。秋季大会では5試合に登板し1完封を含む3完投をマークした。富山県大会の決勝では8回2失点。北信越大会1回戦では公式戦で初の完封勝利と着実に成長を遂げている。北信越大会の決勝では福井工大福井に4回途中失点とノックアウトされたが秋の公式戦通算では30.1回を投げ奪った三振は30個、防御率は2.97と安定している。

189センチの長身から投げおろすストレートは最速142キロ。高校入学後に長身を武器にするために野手から投手に転向した伏見はわずか2年で140キロを超えるストレートを投げるようになった。また、スライダーで空振りを奪うこともでき角度がついたストレートとのコンビネーションは圧巻。

好きなプロ野球選手は同じく長身の藤浪晋太郎(阪神)という伏見。甲子園の舞台で藤浪のように圧倒する投球を投げることに期待したい。

こちらの記事に関連するタグ

伏見拓真
Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

に関する記事

お勧め記事

新着記事