掲載日: 文章:Clipee運営局

DeNA・ラミレス監督が第2クールまでを振り返り「ここまでのMVPは尾仲と佐野」

DeNAの宜野湾キャンプ第2クール最終日となった9日、アレックス・ラミレス監督がキャンプを振り返り、これまでのMVPにドラフト6位ルーキーの尾仲裕哉(広島経済大)とドラフト9位ルーキーの佐野恵太(明治大)を指名した。

尾仲は8日のフリー打撃に登板し、エリアン・エレラとアウディ・シリアコを抑え込みラミレス監督に「高い確率で一軍に残れる力を持っている」と言わしめた。

佐野は7日のケース打撃で3年目右腕の飯塚悟史から豪快な一発を放ち、アピールに成功。ラミレス監督は「下園のような選手になって欲しい」と代打の切り札の名前を出しながら、期待を寄せた。

ドラフト下位指名の二人だが、ここまでは順調にアピールできているようだ。

DeNA・井納ブルペンで203球 筒香「めちゃめちゃいい球」

新着記事