U15時代には4番捕手・報徳学園のホープ”神頭勇介”【Players report】

  • 掲載日:
  • 文章:Clipee運営局

名門報徳学園で下級生ながらレギュラーを張る神頭勇介。中学時代は捕手だったが長打力を生かすために一塁手として試合に出場。春の選抜でも期待がかかる。

氏名:神頭勇介(かんとうゆうすけ)
守備:内野手
投打:右投右打
所属:報徳学園高校
出身:オール枚方ボーイズ

枚方ボーイズ時代に現在もチームメートである小園海斗、大阪桐蔭高校の藤原恭大らと全国制覇を4度経験。ジャイアンツカップも制している。U-15日本代表としてアジアチャレンジマッチにも出場。4番捕手としてチームを牽引した。この大会では小園、野村大樹(早稲田実業)とチームメートだったが、野村を差し置いて4番に座るほどの実力の持ち主だった。

卒団後は小園とともに報徳学園へ進学。小園とともに早い段階で試合に出場するようになった。秋の新チームでは5番一塁で試合に出場。10試合で打率.304の成績を残している。

5番打者だけあり長打力はある。秋の公式戦で本塁打はなかったが、練習試合ではチームトップタイの4本塁打。右方向にも長打を打てるのが強みでもある。

176センチ75キロと背は高くないが、がっしりとした体型で芯は太い。トレーニングで更なるパワーアップも期待できそうだ。

こちらの記事に関連するタグ

神頭勇介
Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

に関する記事

お勧め記事

新着記事