掲載日: 文章:Clipee運営局

日本ハム・斎藤佑樹が初登板 「決めにいった球を打たれた」

アリゾナでキャンプを行っている日本ハムの斎藤佑樹が紅白戦で実戦初登板を行った。

2番手としてマウンドに上った斎藤佑は2回を投げ1安打1失点(自責0)の結果を残している。最速144キロをマークするなど仕上がりは順調。ストレート、カットボールと低めに制球できていたようだ。

しかし、斎藤自身は結果に納得していないようで「決めにいった球を打たれてしまった。甘かった。良かったとはいいづらい。沖縄に戻ってから気を引き締め直します」とコメントした。

斎藤佑は昨シーズン勝ち星がなく今シーズンは先発、中継ぎと任されたっところで全力投球を行い2年ぶりの勝利を挙げ復活を目指す。

日本ハム・ドラ1堀が初ブルペン「カメラは苦手です」

こちらの記事も読まれています

新着記事