掲載日: 文章:Clipee運営局

WBC・プエルトリコ代表にロマン、メヒアらが選出

前回、日本が準決勝で敗れたプエルトリコ。冷静な判断で内川を仕留めた司令塔のヤディアー・モリーナ(カージナルス)は健在。

その他にもカルロス・ベルトラン(アストロズ)と言ったベテランからフランシスコ・リンドーア(インディアンズ)、ハビアー・バイエズ(カブス)など今後のメジャーリーグを背負う若手もおり期待を感じさせるメンバーだ。

日本に馴染みのある選手では2015年西武に所属したミゲル・メヒア、ヤクルトに所属したオーランド・ロマンが名を連ねており懐かしさを感じさせてくれる。。

ロマンはモリーナ、ベルトランと並び4大会連続での選出となり代表のベテランだ。

前回、惜しくも優勝を逃したが今大会は初優勝を狙う。

【WBCプエルトリコ代表】
<投手>
ホゼ・ベリオス
イラム・バーゴス
アレックス・クラウディオ
ジョセフ・コローン
エドウィン・ディアス
ジョー・ヒメネス
ホルヘ・ロペス
セス・ルーゴ
ミゲル・メヒア
エミリオ・パガーン
オーランド・ロマン
J.C.ロメロ
ヘクター・サンディアゴ
ジオバンニ・ソト

<捕手>
ヤディアー・モリーナ
ロベルト・ペレス
レネイ・リベラ
<内野手>
マイク・アビーレス
ハビアー・バイエズ
カルロス・コレア
フランンシスコ・リンドーア
T.J.リベラ
ケニー・バルガス
<外野手>
カルロス・ベルトラン
レイモンド・フエンテス
エンリケ・ヘルナンデス
アンヘル・パガーン
エディ・ロサリオ

WBC・コロンビア代表には前DeNAのモスコーソも

キーワード

新着記事