掲載日: 文章:Clipee運営局

DeNA・石田が阪神戦登板回避 「焦ってはいない」

DeNAの開幕投手に内定している石田健大が、13日の対外試合初戦となる阪神戦(宜野湾)での登板を回避することが分かった。

石田は6日のフリー打撃でも登板予定だったが、「バランスが良くない」と自ら回避し、ブルペン投球へと切り替えていた。ラミレス監督は「体に問題はない」と言い、開幕投手の変更は今のところなさそうだ。

8日にもブルペンで投げ込みを行い「次のクールで打者に投げられる状態を作っておく」と石田。

昨シーズンは2年目ながら開幕からローテーションを守り、自身初の規定投球回数をクリアし9勝を挙げた。今シーズンはさらなる飛躍が望まれるだけに焦りは禁物だ。

阪神戦での先発は2年目左腕の今永昇太になる見込みだ。

DeNA・ラミレス監督が第2クールまでを振り返り「ここまでのMVPは尾仲と佐野」

新着記事