掲載日: 文章:Clipee運営局

WBC・イスラエル代表は通算81HRのアイク・デービスら4人のメジャーリーガーを招集

初めてWBC本戦に出場することになったイスラエル。多くのユダヤ系メジャーリーガーを招集する意向があったものの最終的にメジャーリーガーはグレイグ・ブレスロウ、アイク・デービス、タイ・ケリー、サム・フルドの4名となった。

昨シーズン、アメリカンリーグを制したインディアンスのジェイソン・キプニス、ダニー・バレンシア(マリナーズ)はチームに加わることがなく迫力不足は否めない。

しかし、韓国、チャイニーズタイペイ、オランダも盤石とはいえず番狂わせが起きる可能性は十分にある。

まずは1次ラウンドを勝ち抜き2次ラウンドの東京ドームを目指したい。

【WBCイスラエル代表】
<投手>
ディラン・アクセルロッド
コリー・ベイカー
ジェレミー・ブライシュ
クレイグ・ブレスロウ
ダニー・ブラワ
ゲーブ・クレイマー
タイラー・ヘロン
ジェイク・ケイリッシュ
アレックス・カッツ
ディーン・クリーマー
シュローモ・リペッツ
ジェイソン・マーキー
トロイ・ナイマン
R.C.オーラン
ジョーイ・グワマン
ジョシュ・ザイド

<捕手>
ライアン・ラバーンウェイ
ニック・リックルズ

<内野手>
スコット・バーチャム
アイク・デービス
コディ・デッカー
ネイト・フライマン
タイ・ケリー
タイラー・クリーガー

<外野手>
ザック・ボーレンスタイン
サム・フルド
ブレイク・ゲイレン
マイク・メイヤーズ

WBC・チャイニーズタイペイ代表は陽岱鋼が辞退するもロッテ・チェンらが選出

キーワード

新着記事