掲載日: 文章:Clipee運営局

楽天・紅白戦で則本、松井裕が登板 互いに1回無失点

11日、久米島でキャンプを行っている楽天が紅白戦を行った。則本昂大、松井裕樹と侍ジャパン日本代表の2名が先発。両者共にWBC球を使っての投球となった。

松井裕は先頭の茂木栄五郎に二塁打を浴びる立ち上がり。2死を奪ったものの内田靖人に四球を与えるなど制球を乱す場面も見られた。最後は聖澤諒を三振に奪って予定通り降板。1回無失点に抑えたものの制球面に不安を残している。

則本も福田将儀に二塁打を浴びたが後続を抑えわずか13球でマウンドを後にした。

両投手ともに今年はじめての実戦となったが1回を無失点の投球内容だった。しかし、松井裕はWBC球が手に付かない場面もあり今後の課題となりそうだ。

楽天・岸がブルペン入り 第1クール総仕上げ「充実してました」

こちらの記事も読まれています

新着記事