掲載日: 文章:Clipee運営局

ヤクルト・寺島がブルペン回避 二軍キャンプ合流も

11日、ヤクルトのドラフト1位ルーキー寺島成輝が、キャッチボールを行った際に左内転筋の痛みを訴え、予定されていたブルペン投球を回避した。

この日、3度目のブルペン入りを予定していた寺島はブルペン回避に「特に無いです。走れます」とだけ語った。真中満監督は「期待していたから残念。検査の結果を見て判断するが一軍に置いておく必要はない」とコメント。二軍キャンプの西都への移動も示唆した。

12日に病院でMRIなどの検査を行う予定となっている。検査の結果が出てから一軍、二軍が判断される見通しだ。

ここまで順調来ていた寺島だが離脱の可能性が高まった。しかし、ケガに負けることなく大きく育つことに期待したい。

ヤクルト・新外国人ブキャナン、ギルメットが23日に実戦デビュー

キーワード

新着記事