掲載日: 文章:Clipee運営局

日本ハム一軍メンバーが名護入り 栗山監督「若い子たちを確認したい」

12日、アリゾナでキャンプを行っていた日本ハムの一軍メンバーが、国内キャンプ地である沖縄県名護入をした。

アリゾナからチャーター機で那覇に入った栗山英樹監督ら日本ハム一軍メンバー。栗山監督は老朽化の影響で今年で最後の使用となる名護市営球場へ向かい恒例となっている清めの塩を撒いた。
また、13日には国領でトレーニングを続けていた宮西尚生、中田翔、増井浩俊らWBC日本代表メンバーも合流予定。チームとして本格的な練習を開始することになる。

栗山監督は「WBCメンバーの状態を早く上げて送り出す。若い子たちでも良さそうなのが出てきているので早く確認したい」とコメントした。

元日本ハムのバースがレンジャーズとマイナー契約

キーワード

こちらの記事も読まれています

新着記事