巨人・岡本がレフトでファインプレーに猛打賞

  • 掲載日:
  • 文章:Clipee運営局

12日、巨人の岡本和真が紅白戦で6番左翼として先発出場。4打数3安打1打点の活躍を見せ左翼のポジション取りへ猛アピールを行った。

今シーズンから本職の三塁、一塁だけでなく左翼の練習も行っている岡本。この日の紅白戦ではダイビングキャッチを行うなど守備のミスは0。「今日だけでなく継続していきたい」と岡本はコメント。打撃も猛打賞と高橋由伸監督に存在をアピールした。

巨人の三塁はベストナインの村田修一、新外国人マギーと層は厚く外野挑戦を行っている。外野も陽岱鋼の加入によりポジション争いは激しい。岡本の守ることになる左翼はギャレット、亀井義行らが控えており道のりは険しい。

しかし、諦めずに若さ溢れるプレーで開幕一軍を目指していく。

Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

セ・リーグに関する記事

お勧め記事

新着記事