掲載日: 文章:Clipee運営局

ヤクルト・寺島は開幕絶望「左内転筋筋膜炎」

ヤクルトのドラフト1位ルーキー寺島成輝が開幕絶望となった。

11日の練習中に太ももの痛みを感じ大事を取って練習を切り上げ、12日に病院で診察を受けていた。MRIの結果『左内転筋筋膜炎』と診断され目標としていた開幕一軍は絶望的に。13日より、二軍のキャンプ地である宮崎県西都へ合流する。

真中満監督も「筋肉が切れていなくてよかったよ。一軍にいても焦るだろうから二軍で再調整の方がいい。内転筋は引きずることがある」と再調整をじっくり行わせるとコメントした。

寺島は「何も言えないです」と無念の表情でコメント。新人合同自主トレでもブルペンに入らないなど万全を期していただけにショックは大きい。西都で再調整を行い再び、一軍合流を目指す。

ヤクルト・オーレンドルフが初ブルペン 「マウンドは少し柔らかいね」

新着記事