掲載日: 文章:Clipee運営局

ソフトバンク・田中正義は守備に課題

ソフトバンクのドラフト1位ルーキー田中正義に『弱点』が発覚した。

12日に行われた投内連携の練習で悪送球を連発。バント処理ではお手玉、送球ミス、サイン忘れ、暴投とミスが続いた。観客からもため息が聞こえるなど不安を露呈した。

田中も「フィールディング苦手です」と認めている。佐藤義則投手コーチは「下手は練習するしかない。だから特守をやっている」と説明。現役時代にゴールデングラブ賞を3度獲得している工藤公康監督も「初めから上手い人などいない。練習の積み重ねが大事」と語った。

この日の田中を確認した他球団スコアラーたちは、状況をチームに持ち帰り作戦を考えるはずだ。真っ向勝負で打ち崩せないのであれば守備の弱点を付くためにバント攻撃などを仕掛けてくる事も考えられる。

開幕までに守備の不安をなくすことができるか期待される。

ソフトバンク・工藤監督がフリー打撃に登板 「筋肉痛もない」

こちらの記事も読まれています

新着記事