掲載日: 文章:Clipee運営局

ヤクルト・原樹理が2回無失点・ローテ入りへ前進

ヤクルトの原樹理が韓国ハンファと行った練習試合に先発。2回を3安打無失点と好投を見せ二年目の今シーズンへ絶好のスタートを切った。

昨シーズン、ドラフト1位ルーキーとして開幕ローテーション入りしたものの右肩の故障もあり途中離脱。2勝8敗、防御率5.91と大きく期待を裏切った原。シーズンオフにはフェニックスリーグ、アジアウインターリーグと実戦登板を積み2年目のシーズンを見据えてきた。

この日の原は初回に連打を浴びたものの併殺打で切り抜けるなど落ち着いたマウンドさばきをみせた。フォームもワインドアップになり変化が見られている。

開幕ローテーション入りに向けて今後はフォーム固めを中心に実戦登板を増やしていく。
 

ヤクルト・寺島は開幕絶望「左内転筋筋膜炎」

新着記事