掲載日: 文章:Clipee運営局

DeNA・笠井が紅白戦で2回パーフェクト ラミレス監督「サプライズだった」

12日、DeNAの育成ドラフト1位ルーキーの笠井崇正が紅白戦で好投した。

一軍の紅白戦で白組3番手で登板し、2回を打者6人のパーフェクトで抑え、3つの三振も奪った。青柳昴樹、山崎憲晴、エリアンからはいずれも直球で三振を奪い、自慢の速球がプロでも通用することを証明した。

笠井本人は変化球をコースに決められなかったことを課題として挙げたが、アレックス・ラミレス監督は「サプライズだった。また一軍でチャンスを与えようと思います」と言い、新戦力の台頭を喜んでいたようだ。

早稲田大学では野球部を2日で退部し、BC信濃で腕を磨いてプロ入りした異色の右腕は、早期の支配下登録、そして一軍登板へ向けてアピールを続ける。

DeNA・石田が阪神戦登板回避 「焦ってはいない」

新着記事