【広島】紅白戦で菊池、鈴木、田中の侍たちが躍動

  • 掲載日:
  • 文章:Clipee運営局

13日、広島が紅白戦を行い菊池涼介、鈴木誠也、田中広輔の若侍3人がそれぞれ結果を残した。

田中は紅組の1番遊撃で出場すると初回から四球で出塁。すかさず盗塁を敢行するなど積極的な姿勢を見せた。第三打席では左前へ安打を放ち2打数1安打。坂本勇人(巨人)の控えとなるが出番があればいつでも出場できるように調整を続けていく。

紅組の2番二塁で出場した菊池は3打数2安打。安打は中堅、右前と繋ぎを意識しており自身の役割を果たした格好だ。

紅組の4番右翼に座った鈴木は2本のタイムリーを放つなど3打数2安打。緒方孝市監督は「意識的に4番においた」と語っており、昨シーズン1度もなかった「4番鈴木」が今シーズン実現するかもしれない。

こちらの記事に関連するタグ

Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

セ・リーグに関する記事

お勧め記事

新着記事