掲載日: 文章:Clipee運営局

DeNA・細川が初打席でホームラン 「打った瞬間行くと思った」

13日、宜野座村営野球場でDeNA対阪神の練習試合が開催され、DeNAのドラフト5位ルーキー細川成也はが観衆の度肝を抜いた。

6回の守備から出場して迎えた7回のプロ初打席、阪神・島本浩也の4球目をフルスイングした打球は大きな弧を描き、バックスクリーン横に着弾した。アレックス・ラミレス監督が「無理に引っ張らない、センターから右側に打てる」という打撃を体現して見せた。

今後は実戦での経験を多く積むため、主に二軍で練習や試合に出場し、一軍の試合があるときには呼ばれる可能性が高い。細川は「新人らしくどんどんアピールしていく」と、満足した様子はなさそうだ。

この日は同じく新人の狩野行寿も2点適時打を放つなど、フレッシュな力が躍動した一日だった。

DeNAが対阪神練習試合で勝利 育成選手の網谷がバックスクリーン弾

こちらの記事も読まれています

新着記事