侍ジャパン日本代表に選出されているロッテの石川歩が、昨シーズン首位打者の角中勝也のランチ特打に打撃投手として登板した。この練習では球種を打者に伝えず捕手のサインに応じて投げる方式となっている。

石川は角中に対して約50球を投じ、安打性の打球を2本に抑えた。対戦の中ではストレート、シンカー、カーブで角中のバットを3本折るなど威力も抜群。石川は「ストレートが良かった。WBC球も問題ないです。あとは変化球の精度を上げていければ」と頼もしいコメント。角中も「インコースのストレートで完全にやられた」と脱帽だ。

1次ラウンドでの登板が確実視されている石川の仕上がりは順調なようだ。

こちらの記事に関連するタグ

Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

パ・リーグに関する記事

お勧め記事

新着記事