広島ドラ1・加藤は2回を無安打投球・侍トリオ斬り

  • 掲載日:
  • 文章:Clipee運営局

広島のドラフト1位加藤拓也が今キャンプ初めて紅白戦に登板した。

加藤は田中広輔、菊池涼介、鈴木誠也のWBC侍ジャパン日本代表トリオを打ち取り2回を無安打無失点に抑える堂々のデビュー。制球難が心配されていたが与えた四球も1つと及第点だった。

鈴木との対戦では3-0と打者有利のカウントとなったが、威力のある内角へのストレートでバットを折り内野ゴロに仕留めた。

加藤はドラフト1位の存在感を見せ開幕一軍をぐっと手繰り寄せた。

ドラフト3位の床田寛樹も実戦初登板。2回を投げ3安打を浴びたものの無失点に抑え面目を保った。この日は母校である中部学院大学の監督後輩も見に来ており中部学院大・原監督は「緊張していましたね」と苦笑い。

ドラフト1位の加藤に負けじと開幕一軍を目指す。

こちらの記事に関連するタグ

Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

セ・リーグに関する記事

お勧め記事

新着記事