掲載日: 文章:Clipee運営局

きらやか銀行・小島が念願のプロ入りへ球速アップを

昨年、創部以来初めて都市対抗野球本戦への出場を果たしたきらやか銀行。エースの小島康明(おじまやすあき)がプロ志望を改めて表明した。

昨年の都市対抗野球では初戦のパナソニック戦で9回途中2失点、8奪三振の好投。しかし、小島のもとにプロからの調査書は届かず解禁年でのドラフト指名には至らなかった。

今年はドラフト指名を目指し、球速アップに務めてている。最速144キロのストレートを147キロまで上げることができれば大化けしそうだ。

小島は「下半身はもうできた。去年より球速は上がっている。プロに入るのが目標じゃない。3年で1億円稼ぐプレーヤーになるという気持ちでいかないと」と語り志は高い。

今年は、きらやか銀行2人目となるドラフト指名を目指していく。

日本選手権Vのヤマハが新規加入選手お披露目

こちらの記事も読まれています

新着記事