右ヒジ手術から復帰のドリスが阪神でテスト登板

  • 掲載日:
  • 文章:Clipee運営局

昨シーズン、阪神でプレーしたラファエル・ドリスが16日から再び阪神のキャンプに参加することがわかった。昨シーズンのドリスは34試合に登板し3勝3敗8S9H、防御率2.12の成績を残したが自由契約。

オフには右ヒジの手術を受けていた。昨年末に母国であるドミニカで実戦復帰した際には阪神のスカウト陣が現地視察を行うなど回復具合によっては再契約することを示唆していた。

16日から宜野湾でのキャンプに参加するドリスは順調なら22日にトライアウトを兼ねた実戦登板が予定されている。今シーズンの外国人投手は昨シーズンから残留となっているランディ・メッセンジャー、マルコス・マテオそして、新外国人のロメロ・メンデスがいる。ドリスの加入となれば激しい外国人投手争いが始まることになりそうだ。

こちらの記事に関連するタグ

Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

セ・リーグに関する記事

お勧め記事

新着記事