DeNA・久保がブルペンでオール直球251球 「いつも通り」

  • 掲載日:
  • 文章:Clipee運営局

16日、嘉手納での二軍キャンプでマイペース調整を行っている久保康友が、ブルペン投球を行い直球のみ251球を投げ込んだ。

今年の春季キャンプでは4日に500球以上を投げ込むなど、第1クールだけで1,200球以上を投げ込み話題になった。しかし当の久保本人は「いつも通りです」とひょうひょうとしている。

阪神からDeNAにFA移籍してきた2014年は12勝を挙げ、エース級の活躍を見せたものの、翌2015年は8勝、2016年は5勝と本来の力を発揮できずにいる。ランナーがいないときでも得意のスーパークイックで打者を翻弄する姿から「投げる哲学者」とも呼ばれるが、150キロに迫る直球を投げることもできる。

今シーズンは直球を磨いて先発ローテーションを守り、「松坂世代最後の大物」が健在であるところを見せて欲しい。

こちらの記事に関連するタグ

Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

セ・リーグに関する記事

お勧め記事

新着記事