広島ドラ1・加藤がブルペンで100球の投げ込み

  • 掲載日:
  • 文章:Clipee運営局

広島のドラフト1位ルーキー加藤拓也がブルペンで100球の投げ込みを行った。

宮崎県日南でのキャンプは20日までとなっており、今日から最終クールが始まったところだ。2次キャンプを張る沖縄行きメンバーは発表されていないが、最後のアピールを行いたいところだ。

加藤は14日に行われた紅白戦で侍ジャパン日本代表にも選ばれている田中広輔、菊池涼介、鈴木誠也らを封じ込め、2回を無安打無失点に押さえ込んだ。中でも鈴木に対しては3-0からカウントを整え最後はバットをへし折る圧巻の投球を見せた。課題となっていた制球面も改善され与えた四球は1つ。

ブルペン投球で緒方孝市監督ら首脳陣にアピールを行い沖縄行きの切符を掴み取る。

こちらの記事に関連するタグ

Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

セ・リーグに関する記事

お勧め記事

新着記事