楽天のキャンプにおいて入団テストを受けていた元DeNAの久保裕也が星野仙一副会長から合格を言い渡された。

13日から連日ブルペンに入り16日の韓国ハンファ戦でテスト登板。1回を投げ1安打無失点の好投を見せ試合終了後に桜が咲いた。

久保は「涙がでるほど嬉しい。野球ができる環境を与えていただいたので精一杯頑張りたい」とコメント。また、梨田昌孝監督は「経験豊富だし、若手の手本になって欲しい」と戦力としてだけではなく指導役としての働きにも期待した。

巨人、DeNAで427試合に登板している中継ぎ右腕の加入はチームにとって大きな上積みだ。リリーフを整え昨シーズンの5位か上位進出を目指していく。

こちらの記事に関連するタグ

Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

パ・リーグに関する記事

お勧め記事

新着記事