掲載日: 文章:Clipee運営局

青山学院大のヒットメーカー・西村大樹【Players report】

2015年ドラフトで吉田正尚を輩出した青山学院大学。今秋のドラフトを目指す候補は吉田とは違いアベレージ型の西村大樹だ。

氏名:西村大樹(にしむらたいき)
守備:内野手
投打:右投右打
所属:青山学院大学
出身:大野リトルシニア→聖光学院高校

大野リトルシニアから聖光学院に進学。園部聡(オリックス)と同学年としてプレー。3年夏の甲子園に背番号「6」で出場。1番遊撃手としてリードオフマンを期待されるが2試合で7打数1安打と結果を残せなかった。園部がプロ志望届を出す中で西村は進学を選択。東都大学野球連盟の青山学院へ進学した。

2年春からレギュラーに定着するも打率は2割前半と結果を残すことができなかった。しかし、3年春は東都二部で打率.354をマークしリーグ2位の成績で首位打者を争うまでに成長。3年秋に打率.455で二部の首位打者に輝くとユニバーシアード日本代表候補にも選出された。惜しくも一次登録選手からは漏れてしまったが今春のリーグで巻き返しを図りたい。

ミートを心がけるコンタクトヒッターの西村。高校時代の遊撃手から大学入学後に三塁へ転向しておりパワーがほしい。アベレージ型の三塁はプロ入りを目指す上でネックとなりそうだ。

キーワード

こちらの記事も読まれています

新着記事