現在売り出し中のDeNAドラフト5位ルーキーの細川成也が、12日の紅白戦、13日の阪神戦に続き、16日の二軍中日戦でも結果を残し、 17日の一軍練習試合のスタメン切符を勝ち取った。

16日、宜野湾で行われた練習試合に五番左翼で先発出場し、4打数1安打。4回には左翼線への痛烈な二塁打を放ち、視察に訪れたアレックス・ラミレス監督にアピール。指揮官は「一軍のレベルでどうプレーするのかを見てみたい。」と17日のヤクルト戦で七番左翼で先発出場することを決めた。

一方でボール球の変化球に手を出して三振に倒れるなど、2三振したことに対し「低めの変化球を振ってしまうのが悪いクセ」と自身の課題も把握している。

ヤクルトの先発予定は16年目の石川雅規だ。コーナーに変化球を決める通算152勝左腕に、18歳の若武者が挑む。

こちらの記事に関連するタグ

Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

セ・リーグに関する記事

お勧め記事

新着記事