掲載日: 文章:Clipee運営局

ヤクルト・山田がマルチヒットに初打点

17日、WBC日本代表にも選出されているヤクルトの山田哲人が実戦で初安打を放った。

WBCに向けた調整も含め多く打順がまわる1番二塁で先発出場を果たした山田。3回に迎えた第二打席でDeNAの先発左腕・砂田毅樹から実戦8打席目で初めての安打を放つと7回には井納翔一から左前へタイムリーヒット。嬉しいマルチ安打となった。

山田はシーズン終盤から不調が続いていたがようやく当たりが戻ってきた。大谷翔平(日本ハム)の辞退によって指名打者としての出場もありえる山田。この日を見る限りWBCに向け仕上がりは順調だ。侍ジャパンでの豪打に期待したい。その先にあるのは世界一の奪還と3年連続トリプルスリーだ。

ヤクルト・ブキャナンがフリー打撃登板・真中監督「打者は嫌だと思う」

新着記事