前ロッテの大松尚逸がヤクルトに入団することが決定した。

大松は昨シーズン途中に二軍の試合においてアキレス腱を断裂しリハビリを行っていた。ロッテからはコーチを代診されていたが現役にこだわりヤクルトの春季キャンプにテスト生として参加。この日までに合格を発表し契約は後日行うこととなっている。今後も引き続きヤクルト二軍で練習を行っていく。

大松は「戦力外になってもう一回グラウンドに立ちたい。という気持ちでやってきた。前向きにリハビリをして、諦めずにやってよかったなと思います」と嬉しそうに語った。

ヤクルトで大松を左の長距離砲候補として期待されている。まずは左の代打要因として一軍定着を目指す。

こちらの記事に関連するタグ

Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

セ・リーグに関する記事

お勧め記事

新着記事