掲載日: 文章:Clipee運営局

亡き母のためにカナダ代表でプレー・フレディ・フリーマン【海の向こうの凄いやつ】

アメリカ国籍を有しているが、両親の出身地であるカナダ代表としてWBCに出場するフレディ・フリーマン(ブレーブス)。母親をガンで亡くしたフリーマンは、いつかカナダ代表でプレーすることを夢見ており、それがかなった格好だ。

名前:フレディ・フリーマン(Freddie Freeman)
国籍:アメリカ
生年月日:1989年9月12日
守備:内野手
投打:右投左打
所属:ブレーブス
年俸:2,050万ドル(2017年)
2016年成績:158試合/打率.302/34本/91打点
通算成績:909試合/打率.288/138本/515打点
※2016年終了時点

フリーマンは2007年ドラフト2巡目(全体78番目)でブレーブスに指名され入団。同ドラフトではフリーマンの2つ手前でジャンカルロ・スタントンがマーリンズに指名を受けている。

2010年にメジャーデビューし2011年に一塁手のレギュラーに定着。157試合に出場し打率.282、21本塁打、76打点の成績を残し新人王投票で2位に入る。この年の新人王はチームメートのクレイグ・キンブレルだった。

以降、タイトルこそ無いものの安定した成績を残し低迷期のブレーブスを支えている。2016年シーズンには2度目の打率3割を記録し本塁打はキャリアハイとなる32本塁打。サントラストパーク球場移転1年目となる2017年シーズンに期待がかかる。

新着記事