オリックス・山岡、黒木のドラ1、2が無失点デビュー

  • 掲載日:
  • 文章:Clipee運営局

18日、オリックスのルーキー山岡泰輔が広島との練習試合で対外試合初先発した。

山岡は田中広輔、菊池涼介の侍ジャパンコンビをわずか3球で仕留めると、3番の堂林翔太は2球目に一邪飛とし5球でマウンドを降りた。対外試合初登板となった山岡は上々のデビュー戦となり開幕一軍に一歩近づいたと言えそうだ。

オリックスは二番手にもルーキーの黒木優太が登板。4番鈴木誠也を左飛に打ち取ると5番の新外国人バティスタは146キロのストレートで空振り三振。5番メヒアも捕邪飛に打ち取り三者凡退で締めてみせた。

ドラフト1位、2位ルーキーが揃って1回無失点となったオリックス。エース金子千尋、西勇輝もブルペンで調子の良さを発揮しており先発ローテーション争いは面白くなりそうだ。

こちらの記事に関連するタグ

Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

パ・リーグに関する記事

お勧め記事

新着記事