掲載日: 文章:Clipee運営局

争いは二塁だけじゃない!巨人の外野は誰になる?

日本ハムからFA宣言をした陽岱鋼を獲得し中堅手の補強を行った巨人。しかし、陽はキャンプ途中に下半身の張りを訴え別メニュー調整。一軍が二次キャンプの沖縄へ移動する中で同行せず宮崎に残り三軍調整となった。

陽の離脱により中堅だけでなく外野のポジション争いが更に激しくなった。現時点でレギュラー確定といえるのは右翼の長野久義ただ1人。中堅、左翼の両ポジションを亀井義行、重信慎之介、橋本到、松本哲也、立岡宗一郎、石川慎吾、岡本和真、ギャレット・ジョーンズらで争うことになる。

昨シーズンの中堅は橋本が55試合、立岡が45試合に出場しており陽が離脱となればこの2人が有力だ。

橋本は毎年、レギュラー候補に挙げられながらチャンスをモノに出来ず今シーズンが9年目となる。2014年に103試合の出場をしたものの以降は68試合、74試合とレギュラーに定着できず正念場だ。立岡は2012年シーズン途中にソフトバンクから移籍。2015年シーズンに91試合の出場で打率.304と一番中堅を確保。しかし、昨シーズンは故障もあり、スタメン定着はならず51試合の出場に終わってしまった。橋本同様レギュラー獲りのチャンスをつかみたい。

新着記事