掲載日: 文章:Clipee運営局

中日・小笠原がブルペンで初投球 「3月に実戦に戻りたい」

18日、中日の2年目左腕である小笠原慎之介がブルペン投球を行った。

ルーキーイヤーとなった昨シーズン、小笠原は後半戦でローテーションに定着。しかし、シーズンオフに左ヒジ遊離軟骨除去の手術を受けキャンプでは別メニューとなっていた。

この日、手術後初となるブルペン投球を行い捕手を座らせ40球を投じた小笠原は「満足したわけではないけど腕も振れてよかった。ホッとしている。最後は7割くらい。3月に実戦に戻りたい」とコメントし順調に回復していることを窺わせてくれた。

森繁和監督は「あいつは急がせない。5月くらいに戻ってきてくれたら」と慎重に起用することを明言した。

2年目左腕は開幕ではなく5月を目処に調整を進めることになりそうだ。

中日上位進出へのキーマン・岩瀬、浅尾の2人が快投

新着記事