DeNA・筒香がヤクルト戦で対外試合初安打

  • 掲載日:
  • 文章:Clipee運営局

19日、浦添市民球場で行われたヤクルトとの練習試合で、DeNAの主砲筒香嘉智が対外試合初安打を放った。

四番左翼で先発出場した初回二死二塁の第1打席、横浜高校の先輩であるヤクルト先発の成瀬善久の変化球を叩き、ライト線への適時二塁打。二塁走者の梶谷隆幸をホームへと迎え入れた。続く3回の第2打席では二死三塁から中前に弾き返し、2打席連続の適時打。6回の第3打席は2015年ドラフト1位右腕の原樹理と対戦したが、三塁ファウルフライに倒れた。

ここまで対外試合2試合で6打席無安打と調整遅れを心配する声もあったが、自らのバットで不安を一掃。

侍ジャパンで中田翔と四番の座を争う筒香だが、日に日に注目度は増すばかりだ。

こちらの記事に関連するタグ

Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

セ・リーグに関する記事

お勧め記事

新着記事