掲載日: 文章:Clipee運営局

ソフトバンク・田中正義が紅白戦初登板 2回1失点最速152キロ

ソフトバンクの黄金ルーキー田中正義が紅白戦で初登板を果たした。

田中は6回からマウンドに上り2回を1安打1失点。最速152キロをマークするなど噂通りの剛球を見せつけた。味方の失策なども絡み1点を失ったが、牧原大成からフォークで空振り三振。直球、変化球ともに冴えていた。

続く7回は斐紹のバットをへし折るなど三者凡退。シート打撃では2四球を出すなど、制球面で不安はあったがこの日は無四球と進化を見せた。一方で、牽制の場面では高く浮くなどで課題はあったが一つずつ修正を行っていくつもりだ。

田中は「できたこと、できなかったことがあった。納得のいく球もあった」と冷静に振り返り次回へ向けて修正を行っていく。

ソフトバンク・高橋純平が内川斬り「嬉しかった」

キーワード

こちらの記事も読まれています

新着記事